麻酔抜髄

麻酔抜髄術式パーフォレーションしない手順(前半)

今回の実践動画は麻酔抜髄です。
麻酔抜髄は以前にも公開しましたが、今回はマンツーマン指導にいらした先生より質問をいただいたこともあり、パーフォレーションしない手順について紹介したいと思います。
本編12回+オマケ1回の計13回の動画でお送りします。まずは前半の7本をご覧ください。

皆さんの参考になれば幸いです。

1.パーフォレーションしない為に知っておく情報(座学)

2.二次カリエスを想定、アマルガム除去

3.バーの動かし方、上部を広げ、咬合おとして穿通まで

4.天蓋の位置と根管や髄床底の位置には距離がある(座学)

5.ラウンドバーでの天蓋の除去の仕方(座学)

6.ラウンドバーである程度、天蓋除去をしてからマッチ棒の形状のバーでスムースにして天蓋除去完了

7.No.15で根管の位置を探し、根管上部をNo.25まで広げる

著作権について

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

-麻酔抜髄
-, ,